スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「率」4号

○同人連作

「青と蒼 bleu et azur」吉田隼人

「fire, walk with me」瀬戸夏子

「ペガサス柄」川島信敬

「2階には小さな窓」平岡直子

「ゆらしてふやす」松永洋平

「聖書でキャッチボールしあうような世界を、一面の薔薇たちにおしっこをかけてまわる世界を、夕焼けをこの世でもっとも醜いものとして罵る世界を、神様はすべて墜落死させてしまった、だから手をつなごう」薮内亮輔

「この世全ての東京」吉田竜宇


2013年11月4日発行/A5版/40P/600円
スポンサーサイト

「率」3号

○ゲスト作品

「ぐらでえしよん」 平井弘

○ゲスト評論

「引用の範疇をこえて」 飯塚距離  

 
「短歌とオフビート」 フラワーしげる


「吉田竜宇と「平成の暴力」
       ―大学講義で取りあげた時のこと―」  青木亮人


○同人評論

「「愛」について語るときに「私」が語ること」  瀬戸夏子
「短歌にとって瞬間とは何か
   ――「早稲田短歌」42号をめぐって」  藪内亮輔
「死ねなかった僕のための遺書
    (あるいは「亡霊」のためのノート)」  吉田隼人

○同人連作

「子どもだらけの間違いえらび」  吉田竜宇
「A Longsleeper’s Elegy」  吉田隼人  
「藪内亮輔展
   ~凡才でごめんなさい~」  藪内亮輔
「火を吐く園児」 松永洋平 
「ら くらいらくるい」  平岡直子
「おまえは」  瀬戸夏子
「設定」  川島信敬   

2013年4月28日発行/A5版/98P/800円/表紙:位置原光z

「率」2号

○ゲスト連作
「蝉と季節」内山晶太
「贄」小原奈実
「撃ちころして」馬場めぐみ

○同人連作
「適当な世界の適当なわたし」薮内亮輔
「二上」瀬戸夏子
「サンデー」川島信敬
「装飾品」平岡直子
「世界はそんなに素晴らしくない」松永洋平
「砂糖と亡霊」吉田隼人
「人がいなくても血が流れることがあります。」吉田竜宇

2012年11月18日発行/A5版/68P/500円

「率」創刊号

○同人による短歌連作

「クレド」川島信敬
「手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)」瀬戸夏子
「アンコールがあればあなたは二度生きられる」平岡直子
「名無しのサンバ」松永洋平
「Lolita-Complex-Complex」吉田隼人
「数に入れる鳥」吉田竜宇

○企画 「自選歌5首への批評」

ゲスト評論/我妻俊樹、生沼義朗、大森静佳、黒瀬珂瀾、フラワーしげる、山田航
同人評論/瀬戸夏子、平岡直子、吉田隼人

これから書くことは、一種の自己検証の試みと見做されるかもしれない。しかし、筆者自身の、出発にあたっての感情は、いますこし客観的な立場のそれであって、他者の制作に対してものを言う態度で、自作を検討したいと思っている。
 (…)短詩型文学の現況と将来について考察をめぐらすにあたって、ここでわたしの選んだ方法は、無謀と言ってさしつかえない。不用意とそしられても抗弁しにくいのである。理由はいくつかある。
 第一に、自作自注の類いで、成功しているものはほとんどない。『作歌四十年』を斎藤茂吉が生前公刊しなかったのは故ないことではなかった、経験的に言って、自歌自註を読まされたあと味は、まことに悪い。手放しの自讃は、さすがに誰しも抑制しているが、底に動く自讃あるいは自己弁護の心理は、見まごうべくもないのだから、余計にやり切れない。
第二に、作品は、公表されることによって読者を作るが、同時に、読者が作品の一部分を形成する。ということは、既に公表された作品は、作者の専有ではない。かりに一首の歌に註釈を加えるにしても、読者の数だけ註釈は異なって在る筈である。従って、作者が自歌自註を書くとは、この世に可能なかぎりのさまざまな註解のうちの一例にすぎないのである。ところが、自歌自註の筆者の大ていは、おのれこそ最もよく作品の背景を知り、作品の価値を評価し得るのだという錯覚を抱いている。よほど、自戒しても、右の錯覚からは逃れられないだろうと思える。
いずれにせよ、困難な作業だとは自覚している。三人称で自伝を書いたといわれるG・ヴィーコのように三人称で書ければそれにこしたことはない。
岡井隆「現代短歌の存在理由――自己検証の試み」『韻律とモチーフ』より引用

自己の歌への評や解説が愚かしいものであり、余分なものにすぎず、作品や作家の神秘性を剥いでしまうという向きはいぜん強い。その一方で、短歌はいわゆる「批評と歌とがセット」であるという特殊なジャンルでもある。歌で「自己」を歌う以上に、その批評にも自己の主張は色濃くあらわれる。しかし、自己こそが他者であるというテーゼもまた他方で存在する。歌における自己は本当に「自己」であるといえるだろうか(いわゆる<私>性にまつわる問題系)。
批評の言葉は基本的に他人の作品に向けられ、他人の作品を評した言葉に「自己」が表出される。むろん、その「自己」とはなにがしかの価値観や時代の影響を受けずにはいられない。(その意味で、「公平」な批評や「一般的」な批評は存在しえるだろうか。無色透明で公平な主体など、比喩的に言えば「ある時期の裕福な白人のエリート男性、あるいはそれに無意識的に同化しようとしている階層や性別や人種を問わない人々」にしか存在しえないし、その比喩がいかに滑稽なものであり、また現況からかけ離れているかを思えば、おそらくそれは残念ながら今後も達成されることはないだろう。)無色透明な批評の主体が不可能であり、万人に共通する価値観の獲得が絶望的である昨今において、歌の批評がどういった形で、まだかろうじて可能であるかを再考せんとするため、この企画は持ち上がった。
この企画では「自選歌5首」に対する「解説」ではなく「批評」を依頼させていただいた。たとえばある一人の歌人(たとえば斎藤茂吉など)を対象として「5首選」を行う場合、その対象となる歌人へのそれぞれの立ち位置がクローズアップされてしまいかねない可能性が生じるため、この企画ではそれを避けた(乱暴な言い方になってしまうが、ポジション・トークに近づいてしまいかねない危険性をなくすためとも言えるかもしれない)。また、それぞれが好ましく思っている歌人の歌から「5首選」したものを評していただく企画(ある人はたとえば岡本かの子、ある人はたとえば加藤治郎など)にすれば、企画の焦点がぶれてしまいかねないため、これも却下された。最終的に、この企画の意図を実現するために残されていたのが、悪名高い「自歌自註」の形に近いもの(しかしながら「解説」ではなく「批評」)となってしまったのは、私たちがあまりに事態を深刻にとらえすぎているからだろうか。否、という思いのまま突き進んできた企画ではあるが、とはいえ、この困難な企画に御参加いただいたゲストの方々には心から感謝を申し上げたい。また、作者としてのスタンスから参加を辞退いただいた方々、拒否された方々、その他の事情によって辞退された方々にもお礼を申し上げたい。この企画そのものが辞退された方々のそれぞれの「作者としてのスタンス」によってもまた支えられていると感じるからである。
(企画責任・瀬戸夏子、平岡直子)

2012年5月6日発行/A5版/102P/500円
メニュー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。